管理人おすすめランキング
登録無料
GIRLSxGIRLSのバナー
56,000人以上の女の子が登録しているGIRLSxGIRLS。
ジャンル検索がかなり充実していて好みの女の子と好みのプレイが今スグ可能!
3000円分無料体験
PLATINUM LADYのバナー
PLATINUM LADYには数万人の女の子が登録中!
毎日大勢の素人女の子が新規登録…あなたの好みに合ったお気に入りの女の子を発掘してみてください。

同性愛を堂々と!レズビアン専用サイトを利用する

全人口の10パーセントが「バイセクシャル」と呼ばれる人種であることが判明しています。趣味・主張・考え方が共通な人種がそれぞれ集まって、既成の性のあり方に疑問を投げかけという考え方が出始めています。男と女が互いに求め合うという、人類共通の命題であった事実が崩壊しそうになっている現実が存在しています。保守的な人種から見れば、眉を曇らすような行為・考え方なのですが、当人たちからすれば、色々な多様な考え方を否定されたくない思いが強いことでしょう。

近年、オバマ大統領も「同性の結婚」を許可した経緯があります。当然、共和党は頭から否定していました。伝統文化や家族制度の崩壊・ひいては「聖書」の否定にも繋がることを危惧したものでしょう。このようなレズと呼ばれる、女性だけの愛の形にあこがれる女性たちも多いと思われます。昔から女学校や修道院などでは「エス(S)」と呼称される女同士の関係がありました。修道院におけるシスターとしての関係から、そう呼ばれるようになりました。

女同士の関係であれば、究極的に言えば「妊娠」という「厄介なこと」から開放される必要があったのです。下世話に言うと「色恋沙汰」からの開放です。「妊娠」という「厄介なこと」から開放されることは望ましいことなのですが、そう簡単に「性のエネルギー」を断ち切ることはできません。修道院や女学校の世界でも「性のエネルギー」をどう消化させるかが大問題となったのです。

「性のエネルギー」の消化方法を間違えると、修道院や女学校の制度崩壊へと繋がってしまうからです。制度崩壊を恐れた責任者は、仕方なく「Sの活用」を思いつくようになったのです。レズビアンの始まりは、こういった事情からのスタートでした。

今日、レズに対する考え方に変化が訪れたかと問われれば、決して社会から全面的に容認されているわけではありません。ホモもそうですが、レズもまた疎まれる存在に変わりはありません。そのため、現代のレズ愛好者は、ネットの力を利用するようになりました。出会い系の「レズ専用サイト」の出現が、彼女らの社会進出を後押しするような存在になろうとしています。

テレビなどでも、ホモの出番に比べればレズのメディア進出は、まだまだマイノリティ(少数派)です。だからと言って、ホモが社会進出を果たしメジャーになって市民権を得たということにはなりません。まだまだ、世間の偏見(と言っていいか、どうかは判りません)を取り払うことはできません。この壁は、そう簡単に乗り越えることはできないでしょう。

キリスト教社会では、聖書の教えが絶対です。過去には「ダーウインの進化論」や「地動説」をも否定し続けましたから。日本では単純に「家族制度の崩壊」を恐れて、反対し続けることでしょう。レズとホモを全面支援したなら、やがては人類は地上から姿を消すことになってしまうからです。

本来、女性たちはきれいなものに感情が動かされ易いものです。そのため幼少の頃は、父母の結婚生活を見て、男のだらしなさを容認する母親が許せなくて、「絶対、結婚なんかするものか」と思ったりもします。やがて思春期になると、異性のことが気になります。男の「きたなさ・だらしなさ」が許せるようになるのです。むしろ、男が発散する「体臭」さえも、勝手に「フェロモン」とさえ感じるようになれば、男性の生殖器を自分の体内に受け入れるようになるのです。

かくして、地獄のような分娩を数回経験して、女は母なる大地のような、偉大な存在に上り詰めるのです。女にしか作り上げることのできない「子供」の出産を機に、女としてのステータスを子宮で感じ、母としてまた妻としての「不動の地位」に誇りを感じるようになります。子供を産めない女性を卑下し、子供を産んだ自分との格差を、無言のうちに社会に示すことができるのです。それゆえ、レズという存在に一時は憧れを持ったとしても、子供に囲まれた自分のほうが「勝ち組」であるという意識は絶大であろう事は想像にかたくないことなのです。

女性の中には、頭の中で考えるよりも「やはり、女性のほうが好き」な人もいます。潜在的に女性自身に、女性のほうが受け入れ易い体質の人もいます。「こうしなくてはいけない・こうしないと」と頭の中で考えて女性に近づく女性もいますが、潜在的・体質的に男性の嫌いな女性もいます。そういう女性たちの集まりを応援しているサイトもあります。出会い系サイトのレズ専門コーナーです。

基本的に出会い系サイトと言うと、男性側が多く登録していて……、という印象がありますが、レズ専門コーナーはそうではありません。一度出会い系サイトを覗いてみてください。様々の男女の欲望がサイトから垣間見ることができます。同好の士が必ず見つかることでしょう。

気に入った者同志ならば、ベッドライフも充実したものになることでしょう。「きれい・美しい・かわいい」がキーワードですから、互いが何の遠慮もなく付き合うことができます。男女の仲は「面倒くささ」で満ちています。互いが理解できない壁が存在するからです。レズの愛の行為は「刺激しあう箇所」を確認することなど要りません。自分が「気持ちがいい箇所」は相手も「気持ちがいい箇所」なのです。

「阿吽の呼吸」でのセックスができるレズにあこがれるのは、こういった理由があるのではないでしょうか。


Copyright© 2010 ~pancenjoss.com~ All Rights Reserved.